注目される労働判例 最近の重要判例から労働法を学ぶ【トランジション講座】


注目される労働判例 最近の重要判例から労働法を学ぶ


【開催日時】(全4回)

2021年10月9日(土)、10月16日(土)、10月23日(土)、10月30日(土)13:00~14:30


【受講料】

8,000円(税込み)

※友の会割引対象外です。

※アーカイブ配信はございません。


【定員】

なし


【対象】

労働法に興味のある方

人事労務管理のため労働法を学ぶ必要のある初学者の方


【申し込み締め切り】

2021年9月29日(水)


【講師】

桐蔭横浜大学法学部教授

同大学院法学研究科長

勝亦 啓文


【講座概要】

ここ数年の注目された労働法関連の裁判例を題材にして、労働法を理解するための基礎的な解説をしたうえで、関連する法制度や裁判例の検討をしたいと思います。


【講師プロフィール】











桐蔭横浜大学法学部教授

同大学院法学研究科長

勝亦 啓文


桐蔭横浜大学教授・同大学院法学研究科長。

企業内労使関係を中心に労働法全般を研究。著書に山田省三・石井保雄編『トピック労働法』(信山社、2020)、産労総合研究所『賃金事情』で2020年より「人事担当者のための労働法基礎知識」連載中。