top of page

 【DX概論】オンデマンド 

  データサイエンス〈必修〉 


海外最新テクノロジー動向とリスキリング


ねらい:時代の変化を認識し、リスキリング(スキルの再習得)の必要性を理解する。


概要:2045年に米国の全雇用の47%が失われるリスクがあるという研究発表から8年が経過し、予測を上回るスピードで雇用消失が加速している。最新海外テクノロジーの動向をふまえ、全ての人に必要なリスキリング(スキルの再習得)について解説する。


時限

内容

1コマ目(60分)

タイトル:海外最新テクノロジー動向とリスキリング

概要:2045年に米国の全雇用の47%が失われるリスクがあるという研究発表から8年が経過し、予測を上回るスピードで雇用消失が加速している。最新海外テクノロジーの動向をふまえ、全ての人に必要なリスキリング(スキルの再習得)について解説する。


 

講師

一般社団法人 ジャパン・リスキリング・イニシアチブ

代表理事

後藤 宗明


早稲田大学卒業。銀行就職後に渡米、グローバル研修領域で起業。10年かけて自らを「リスキリング」。AI等デジタル分野での事業開発支援等を担当。


著書・作品など

リクルートワークス研究所「リスキリング〜デジタル時代の人材戦略〜」


サイト

Comentários


bottom of page