【L12】TOEIC® e-Learning


【TOEICとは】

TOEIC®は、日本で最も広く活用されている英語コミュニケーション能力テストの一つで、全世界約160ヵ国で実施されています。テストは、ビジネスや日常生活における実践的な英語コミュニケーション能力を測定する内容です。テスト結果は、合格・不合格ではなくスコアを設定する実力測定試験です。英語力の現状把握や目標設定にも活用できます。近年、英語を社内公用語に定める企業や採用・昇進・昇格・海外出張・赴任者選抜でTOEIC®のスコアを要件もしくは参考にする企業が増えてきており、TOEIC®でハイスコアを獲得することでキャリアの可能性は広がります。


【講座の特色】

①「ALC Net Academy NEXT」(eラーニング・アプリ)の3コース(500点・600点・730点突破コース)から、ご自身のレベルにあったコースを選択し、自由な時間に3月末迄何度でも学習いただけます。通常は1コースのみの受講となるところ、こちらの講座では3コースの受講が可能で、500点コースから始め、レベルを上げていくこともできます。

                                                

②ポイントを絞った学習で効率よくスコアアップを図ることができるテスト対策講座となっています。内容ごとにユニットが分けられており、それぞれのユニットは、3ステージ分の問題・解説が用意されています。分野を幅広く学習したり、特定の分野を繰り返し学んだりして、自分のニーズに合わせて学習を進められます。模擬試験を受験して力試し、本番同様の問題数、制限時間、出題傾向のテストを1レベルにつき2本、合計6本収録されています。

③スコアに見合う英語力も同時に養うプログラムになっています。語彙(単語、フレーズ)の学習とリスニング、リーディング、文構造の把握力に焦点を当てたトレーニングが用意されています。


※本講座は、株式会社アルクエデュケーションの協力のもと提供しています。

ALC Net Academy NEXT TOEICコースの詳細はコチラ 

https://www.alc-education.co.jp/academic/nanext/toeic.html


【求められる平均スコア】

新卒就職:545 中途採用:620 海外出張:620 海外赴任:635 

※数値は、それぞれの項目でTOEIC®のスコアを採用すると回答した企業の平均値です。「IIBC調べ」


【受講期間】

2022年5月28日(土)~2023年3月31日(金)まで。


【eラーニング・アプリ】

「ALC Net Academy NEXT」 

・TOEIC® L&Rテスト500点突破コース 

・TOEIC® L&Rテスト600点突破コース 

・TOEIC® L&Rテスト730点突破コース 

すべてのコースを1年間学習可能


【受講料(税込み)】

10,000円(桐蔭横浜大学学生価格:9,000円)


【募集期間】

2022年3月1日(火)から2022年5月11日(水)まで


【最低開講人数】

1名

【目標試験日】

2022年随時

 

TOEIC® L&R(オンライン)試験対策講座Q&A


なぜ TOEIC® L&R?】

「話す (Speaking)」「書く (Writing)」「聞く (Listening)」「読む (Reading)」のうち、「聞く」と「読む」力を測定する試験で、10~990 点のスコアが 5 点刻みで結果が算出されます。全て選択問題で、受験しやすい試験です。また、この試験は社会で広く英語力を測るモノサシとして活用されていて、就職、転職、昇進などの判断材料の一つになっています。


TOEIC®のスコアの目安を教えてください。】

TOEIC® のスコアを持っていることは、下の 2 つの点に活用できます。どの程度のスコアを目指すかの参考にしてください。

①桐蔭横浜大学の単位認定

▶2単位:400~495、4単位:500~625、6単位:630~855、8単位:860~990

②就職

▶新卒就職:545、中途採用・海外出張:620、海外赴任:635

(IIBC調べ、それぞれの項目でスコアを採用すると回答した企業の平均値 )

 

受講のお申し込みの際は、「桐蔭生涯学習講座・資格講座受講規約の内容に同意の上、お申し込みフォーム(Peatix)へお進みください。


お申し込みを締め切りました